リベンジフィッシング

前日の不甲斐ない釣りを挽回すべく、またまた渓流に。
“テント泊or車中泊”を迷ったのですがクマ出没エリアなので車中泊にしました。
こういう時はソロってイヤだなと思っちゃいます(¬_¬)

5:00に入渓できるよう移動すると…
なんと既に先行者ありΣ(o'д'o)
「どんだけ~」o(*≧□≦)o !!
まぁ仕方ないですけど。。。
先行者もあり難しい釣りを強いられながら、お気に入りのポイントに到着。

昨日はここで3尾バラしました(+_+)
集中力を高め、いざリベンジo(^_-)O
最低でも昨日ここでバラした3尾は釣ってやる(*`д´*) 




慎重に慎重に攻めると…





キタ━(゚∀゚)━!

まさに昨日のポイントで出ました!(^^)!

そのあとも順調に釣り上げ



借りはきっちり返してやりました(▼-▼*) ♪

イワナも川に帰します(^_^)v

借りも返し、雲行きも怪しくなってきたのでちょっと早いですが9時に撤収(^^;;
帰りの林道では、ひらひらと舞い落ちるように降る雪、広幅六花結晶(雪印のマーク)のようにキレイなヤマアジサイを発見(*^^*)

思わぬ発見から雪に想いを馳せながらの帰宅となりました♪( ´▽`)
早く冬にならないかな(*^^*)

呑気は損気!?

午前中に用事があったので午後から入渓。
普通、渓流釣りは早朝からするものなので呑気なもんです(^.^)
鼻歌交じりで呑気に車を走らせていると…

……。
台風8号の影響か林道が土砂崩れで埋まってるじゃありませんかΣ(o'д'o)
仕方ないので手前に駐車し歩きます。
何やら視線を感じ、振り返ると森の中にカモシカ発見「(゚ペ)

見つけられるかな?難易度MAXです(^.^)

20分ほど歩くと林道下に大型の堰堤。
悪しき人工物ですが、堰き止められた北アルプスの清らかな水は輝いてました。

ここの川はバックウォーターからしばらく魚影がないのでテキトーに竿振りながら釣り上がります。


結構釣り上がったのですが、なかなか釣れない。。。
徐々に苛立ち始め、釣りも雑に(+_+)
毛鉤を枝に引っ掛けること10回近く(-_-)
こりゃいかん、集中集中と気を引き締めるとようやく1尾。

ひとまず安心( ´ ▽ ` )
さらにこの直後に1尾ヒット☆
取り込み直前の岩魚が水面を割るところを写真に収めようと欲を出して泳がせていたらバラしました(>_<)

再び苛立ち始め鼻息荒くなったところでお気に入りのポイントに到着。
慎重に攻めるもここで3尾バラし怒りの咆哮を上げ撤収(▼-▼*)
薄暗い林道は私の深く荒い怒りで満ちていました(♯`∧´)

まだまだヘタだなぁ(。-_-。)

確認不足…


大イワナを求め黒部の沢を訪ねました。
長野県在住なので大町は扇沢からトロリーバスでアクセスします。
トロリーバスの始発は6:30。
市営の無料駐車場は満車になることも。
心配性の私は5:00着を目指し4:40に到着。

駐車場はガラガラでホッと一息つきバスターミナルのトイレへ。
券売所の前を何気無く見ると…

「んっ⁉︎」
意味不明なことが二言書かれている。
犬キチハイカーの私には受け入れ難いペット連れ禁止はさておき、乗車券は6:50から販売??
出川哲朗ばりに『WHY?』をやり大黒摩季の『チョット』を口ずさみながらトイレへ。
トイレから出て恐る恐る時刻表を確認すると

クールポコ状態だ。。。
スマホで確認したら6:30の便はGWなど超繁忙期だけのよう。。。
心配性が災いし時間をたっぷり持て余すことに(。-_-。)
…心配性ならもっと確認すればいいのに(笑)
仕方ないので車で仮眠しましたが2:30起きだったのですぐグッスリ☆

7:30の始発に乗るべく乗車券やら購入。
10kg以上の荷物持込みは手回り品代を支払います。

15kgか、なんか軽いな今日は。
トロリーバスは国内でもこちらでしか運行していない環境に優しい電気駆動のバスです。

電車のようにパンダグラフで上部の送電線から電気を受け取り走ります。
モーターの駆動音は電車そのものですd(^_^o)
15分ほどトンネルを走ると黒部ダムに到着。

自分の確認不足とはいえ長い道のりだった(笑)
ここからケーブルカーには乗らずにロッジくろよん方面へ。
20分弱の歩きでテン場へ到着。

荷物を軽くすべく着替えや寝袋なども置いていきます。
寝袋というのは収納袋から出してしばらく時間を置いた方が嵩が膨らみ寝た時に温かくなりやすいのでこの時点で出しておきます。
「んっ⁉︎えっ⁉︎」
収納袋から出てきたのはジャンパーでした(爆)
同じメーカーで同じような袋に入っていたので荷づくりの際に間違えたよう。。。
通りで荷物が軽かったわけだ(笑)
エマージェンシーブランケットとかもあるし…まぁいっか(^.^)
寝巻きは短パンだけど(^^;;

9:00前にようやく釣り始め(^^)
渓相は申し分なし♪

水もキレイ~♪

10分少々で待望の1尾目ゲット!

黒部湖への流入口から100mほど上流でヒット☆
幸先の良いスタートにニンマリ(o^^o)
しかし慎重に釣り上がるもこの後が全然続かず。。。
10:30 だれてきたので小休止。

休憩にはちょっと早いですが、黒部の流れは押しが強く、徒渉では心身共に消耗しますからね(^_-)
持参したパンやら食べエネルギー補給。

休憩後、さらに1時間ほど釣り上がるも大岩と激流に阻まれ遡行困難に(*_*)

この岩は2m以上あり突破しても下りる自信がなく撤退。
湖まで戻って明日入渓予定の他の谷を目指します。

この後は20分ほど登山道歩きですが途中の渡し橋でまさかの大転倒&川へ落下(>_<)
か~なり痛くて気づくと独りで笑ってました。
完全にアブナイですねσ(^_^;)

痛めた足首と肩を気にしながら歩いていると次なる谷に到着。

こちらの谷は先ほどの沢に比べると流れがフラット。
冷たい流れが足首の痛みを消し去ってくれます。
途中、雪渓が出てきたので慎重に通過。

足跡はなかったのでこの先の遡行者は私だけ。
大イワナへの期待が弥が上にも膨らみます(o^^o)
しかしなかなか釣れない…そもそも魚影がない。
だれてきたところでようやく2尾目がヒット☆

1尾目のイワナ同様、尾ビレが立派ですd(^_^o)
急流を生き抜くために発達しているのでしょう。

しかしあまりに活性が低いので水温を計って閉口…

5℃って氷水じゃん。。。
そりゃ活性が低いわけだ(^^;;
低活性、足首やら肩痛い、これから雨による増水…よぎる『帰宅』の二文字。
よし、あと1尾釣れたら帰ろうd(^_^o)

帰りやすいように最初の沢に戻って流れの緩やかなポイントで帰宅を決定づけるイワナを狙うと…

おチビちゃんゲット!
こやつもヒレがよく発達してました(o^^o)
さらに10数分粘りましたが1尾は1尾だしと帰宅決定o(^_-)O
帰りたければ帰ればいいだけですが(¬_¬)

せっかく設営したテントは雨に濡れ、大嫌いな『濡れ撤収』となりましたが、トロリーバスの終電1本前に乗り込み帰宅しました。

雪代の増水が収まった頃、また絶対に訪れようと思います☆彡
そしてその時は持ち物やその他諸々しっかりと確認しようと思います(笑)

渓流の友に会いに…~2日目~

2日目は2時に起きて身仕度を整え出発。
“そと友”と待ち合わせの4時過ぎに合流。
“そと友”はかつて私がキャンプ用品店の店長をしていた時からのお付き合いで一緒に釣りをするのは初めて。
同じくテンカラスタイルなのも嬉しいが久々の再会が何より嬉しい☆
しばし談笑後、夜も白み始めたので入渓。

30分ほどで1尾目がヒット☆

この後もコンスタントにヒットしイワナ7、8尾とアマゴ1尾、なぜかウグイ1尾と大満喫( ´ ▽ ` )ノ



カメラを出そうともたついていたらベッピンのアマゴが針から外れ逃走。。。
スゴくキレイだったからあれは惜しかった。。。
タモをちゃんと携帯しようかな(^.^)

キャッチ&リリースの石徹白川の魚影はとても濃く、濃密な時間を時間を過ごせました。
お昼はイベントの出店でいただき、食後は友持参の美味しいプリン♪

桃の香りがアクセントでとても滑らかな絶品苺プリンでした☆

友には今回の釣行のキッカケを作っていただいたりテンカラ界の重鎮をご紹介頂いたりと感謝感謝でございます(o^^o)
また釣りやキャンプで再会するのが楽しみです(*^o^*)

また是非行きましょう♪

渓流の友に会いに…~1日目~

随分遅くなりましたが渓流シーズンインしました。
山に川にと“そと遊び”が忙しいです(*^^*)
今回は岐阜県で開催される『石徹白フィッシャーズホリデー』で“そと友”と再会がてらの1泊2日釣行です。

1日目は以前からマークしていた長野の川に入渓。

am6:00 バックウォーターからアタックするも魚影なし。。。
コツコツとポイントに毛鉤を流しながら釣り上っていくと渓相が変わり始め

最初の1尾目がヒット☆

ここ数年、ヤマメやアマゴ狙いに変わりつつありましたが、やはりイワナはカッコイイです(*^^*)
今シーズン最初の渓魚との出逢いに感謝しながらリリース(^^)

綺麗な渓相が育むイワナはやはり美形でした。

本当に素晴らしい渓相にせせらぎのBGM…心癒される…

渓流釣りって素晴らしい☆
この後もお昼までイワナに遊んでいただきました。



pm0:00 風が強く釣りにならないので脱渓し熊や猿の群れに警戒しながら林道を歩くこと30分で車に到着。
一路岐阜に向かおうと思っていたのですが下流でもう一振り釣っていくかと入渓。
しかしダム下はあまりコンディション良くなく早々に撤退。
入浴予定の岐阜は荘川方面に車を駆ります(^_^)

途中、土砂降りにあったりノロノロ車の後ろになったりで17時過ぎに荘川に到着。
ここ周辺はかつて通いつめた言わばホームリバーです。
懐かしついでに一色川を眺めていると
ウズウズ…
日の入まで1時間半か…
先行でフライマンいるけどいいか…
と入渓( ´ ▽ ` )ノ

勝手知ったるホームリバーは居心地良く2尾の釣果でしたが大変楽しめました♪( ´▽`)
【アマゴ】

【ヤマメ】

あとはイワナを釣って三大渓魚をコンプリートしたかったけど叶わず。。。
釣り終わって気づいたのですが毛鉤が付いてないΣ(o'д'o)
いつからだったか分からないけど釣れるわけ無しw

釣りの疲れはお気に入りだった“桜香の湯”で癒します。

お湯の温度もちょうど良くナトリウム炭酸水素塩泉でお肌スベスベです♪( ´▽`)

一旦車を走らせ今夜はひるがの高原SAで食事&睡眠☆
郷土料理の“けいちゃん”の入ったおソバをいただき

久々の車泊~♪

SA内のコンビニでビール買おうと思ったら売ってないっΣ(o'д'o)…当たり前かw
仕方ないのでスイーツ食べて就寝~☆
プロフィール

スギ

Author:スギ
Natural life with Dogへ
ようこそ♪
趣味が高じ東京から長野に
移住した夫婦と
北海道犬“カムイ”の送る
日々を綴ります。

◎カムイ 2008年10月25日生
父:宗龍旺 母:来夢 稚内武方荘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR