白馬旅行~2日目~

すっかり熟睡し時計は見ると6時半を指していました
朝食は8時半にお願いしていたので“よし、朝風呂に入りカムイと散歩できるな”と、今起きたばかりなのが嘘のように準備を進めます
元々、寝起きがいいだけなのですが。。。
窓から外を眺めるとなんとも気持ちのイイ青空
部屋の窓1

部屋の窓2

温泉は宿泊棟と廊下続きの別棟になっています。
温泉へ続く扉を開くと、一身に朝日を受ける乗鞍岳が目前に広がっていました

これはあと1時間早く起きてたら、朝日で山が真っ赤に染まる現象“モルゲンロート”が綺麗に見れただろうなと、見逃したことを少々後悔。。。
温泉棟はまだ完成して日も浅いようなのですが、趣き深くそれでいて真新しい、一見、二律背反なその佇まい





それもそのはずでした、温泉棟は“古民家を移築し改装した”とのことです
通りで梁が立派だと思いました
それにしても“移築”って、、、ホテルの強い拘りを感じました



誰もいない雪見風呂は格別でしたよ♪
誰もいないので写真も撮れましたし(笑)

休憩スペースには、おいしい天然水とお茶が設置され、

なんと珈琲牛乳までもがサービス

ちなみにホテルのエントランスには小腹の空いた宿泊者向けに
IMG01034.jpg
白玉ぜんざいや味噌田楽、甘酒がサービス

カムイをワンコ個室まで迎えに行くと全身を震わせて喜んでいました萌え~
「写真なんていいから早く行こう」と確実に思っているカムイの表情(笑)

木立の間から朝陽と晴れ間が覗く林間散策路を歩きました


朝の散歩

気持ちのいい散歩のあとは朝食です

朝食は和食をチョイス

鮭、出汁巻卵、豚汁、やさしいお味でとても美味しかったです

朝食をいただいた後はチェックアウトを済ませ、しばしホテル敷地内でカムイとお遊び


今回の旅行の第2の目的は年賀状用の写真撮影だったのでしばらく車を走らせロケハン
さらにウロウロ歩き回ること小1時間、綺麗な雪原を発見
人も来ない奥地なのでカムイもフリーに
よほど雪が好きなのか雪に頬ずりぃ~~~

嬉しそうに駆け回っていました



年賀状の写真はというと100枚ほど撮りましたが妥協して終了。。。
ペットのカメラ目線は難しすぎる。。。
でもカムイの飛びきりの笑顔が撮れたのでまぁヨシとしようかな

白馬旅行~1日目~

久々にキャンプ以外の旅行に行ってきました
...と言っても白馬なので近場ですが
未明からお昼頃まで降雪があったので往路は雪道

お宿は『シェラリゾート白馬』です♪
暗くなってしまったので写真に収められませんでしたが自然と調和した素晴らしいホテルです♪

暖炉が素敵なお部屋は57㎡ととっても広々
部屋
ノンビリ寛げます☆

チェックイン後はカムイを連れ周辺散策
秋にも訪れた小谷村ウッドチップロードで一足早い雪遊び

カムイもテンションマ~~~ックス

速すぎて写真に撮るのが難しい。。。
秋には設置されていた熊鐘が撤去されていて若干ドキドキ

ひとしきり遊んだ後、ホテルに戻りカムイはワンちゃん専用個室ヘチェックイン

この後しばらく吠えていました。。。

ライトアップされた中庭は雰囲気満点
中庭
お部屋からも眺められます☆

カムイの食事も済ませたので我々もディナーヘ
食卓
プレミアムフレンチのコースを頂きました

アペリティフからデザートまで至福の一時~
どれも美味しく甲乙つけがたいですが、特にお気に入りを抜粋しました

=スコットランドサーモンの自家製スモークと生ハム・干し柿のロール仕立て=

=最上級フォワグラのポワレ 信州リンゴと生姜のソテー タイム風味=

=とても貴重な純血100%の最上級イベリコ豚“ベジョータ”リブロースステーキ=
総料理長の金澤さんにお話を伺うと、本日の一番のおススメはビアンドのイベリコ豚
市場に流通するイベリコ豚の多くは混血となり純血のイベリコは希少で味も格別にイイとのこと
たしかに頬っぺた落ちました

味については“多くは語らぬのが粋”ということでこれ位にして
ただ一言、「最上のお味だった」とだけ言わせてください
最上の料理に美味しいワイン、抜群の雰囲気に心地よく陶酔~
至福の一時を過ごした後は温泉にゆっくり入り余韻に浸りながら夢の中へ

近所の散歩道


近所のいつもの散歩道。
雨が降ってなければ1時間ほど歩きます
川沿いの土手を歩き、川沿いの公園で遊びます
このコースがカムイは大のお気に入り
川のせせらぎを聞きながら、山々を眺めての散歩。
天気が良ければ北アルプスも望めます
普通の日常の生活の一コマですが、私にとっても大切な時間です

そんないつもの散歩道をいつものように散歩しているとカムイが茂みで何やらモゾモゾ

茂みから顔を出すと。。。何か咥えてる

ボール。。。

ボールの持ち主は“田中君”のようです
田中君(誰??)のボールを奪取すべく手を伸ばすのですが全く返す気配なし

大きいようで小さなその手でガッチリとホールドしています(萌え~♪)。
いつもそうなのですがカムイは自分で見つけたボールに異常に執着しなかなか離してくれません
移動する時もシッカリと咥えています

しかしカムイはおっちょこちょいなので、ふとした時にボールを落としてしまいます
今回は焦るあまり自分でボールを蹴って土手下に落っことしてしまいました

この後、ボールがあるであろう土手下の茂みをしばらく呆然と眺め続けるカムイでした

最後に田中君、ボール無くしてゴメンね
まぁ、カムイが茂みで見つけた時点で既に無くしていたんだろうけど

晩秋の白馬


昨日は天気も良く絶好の散策日和だったので白馬へビューン
雲のほとんどない澄み通った晩秋の青空と雪化粧し始めたばかりの北アルプスのコントラストが最高

写真は松川大橋付近の河原で撮りましたが、橋の上は写真を撮る人、絵を描く人、眺める人で混雑気味
川と並行して小道があり河原には簡単に降りることが出来ます

ですが降りている方は殆ど居ませんでした。
せっかくだから皆さん降りられればいいのにと思うのですが。。。
カムイはというと河原に降り立つなり川の方へ馬車馬の如く私を引っ張り水遊びに興じていました

そのためお腹周りはずぶ濡れです
しかも何だか銅像みたいなポーズ

ひとしきり遊んだ後、栂池にあるウッドチップが敷き詰められた素敵な散策路へ行ってみました

2008年に整備されたトレッキングコースでルート上はウッドチップが敷かれとても歩きやすく森林浴にはもってこい

冬のスノーシューイングにも良さそう
外周1kmと1.5kmのコースに分かれていて

小さいお子様がいても楽しめそうでしたよ
見納め真近の紅葉も中々綺麗でした





心地よい空気の満ちた林間を気持ち良く歩いていたのですが、途中からウッドチップロードがイガグリロードに変貌していました

カムイはお構いなしにドカドカ歩いていましたが“万が一ケガしては”という事でイガグリロードは抱っこで突破しました

カムイは北海道犬の中ではそう大きくなく体重も24kg程度ですが、そうは言ってもなかなか堪えました
本人は迷惑顔ですがハッキリ言ってお互い様です

今回は1kmのコースを散策しましたが、ゆ~っくり歩いて30分位でした。
そうそうここは運が良ければ野生のカモシカに逢えるのですが、運が悪いと野生のクマに出逢います
入口には熊除け用の鐘が設置されているのでカンカン鳴らしてから散策してくださいね♪

まぁ、これ鳴らしたらカモシカも逃げるのでカモシカに出逢うことは不可能かもしれませんね

ここらで小腹が空いたのでジェラートの名店『花彩-はないろ-』へビューン

本当に美味しい牛乳と厳選された素材を使った手作りジェラート屋さんです
メニューは日替りで8種類ほどありますが、本当にどれをとっても美味しいっ
ご夫婦で手作りされている絶品ジェラートは白馬に来たらマストですね
今回は、

『搾りたて牛乳』と『さつまいも』のジェラートにしてみました
ダブルのカップで330円なり~
小腹を満たすためにアイスを食べたのに結局本格的にお腹が減ってしまい近くにあるイタリアン『GARLIC』で遅めのランチとなりました

チーズ大好きなので『カルボナーラ』と『カルツォーネ』でチーズ三昧♪


ログハウスの中はカントリー調で洒落ていて味もgoodだったのでこちらもオススメですよ

帰りの車窓を眺めるカムイ、一体何を思っているのやら
プロフィール

スギ

Author:スギ
Natural life with Dogへ
ようこそ♪
趣味が高じ東京から長野に
移住した夫婦と
北海道犬“カムイ”の送る
日々を綴ります。

◎カムイ 2008年10月25日生
父:宗龍旺 母:来夢 稚内武方荘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR