不帰ノ嶮縦走~2日目~

翌朝は4時に起床。山の朝は早いっ(笑)
起きたらすぐ朝食の準備に取り掛かります。
食事済ませないとパッキングが進まないのでd(^_^o)

周囲の迷惑にならぬようヘッドライトをナイトモード(赤色灯)にして食べますが赤いライトが食欲を削ぎます(苦笑)
食べ終わってテントから顔を出すと日が上り始めてました。

暗闇に現れた光の織りなす色調が綺麗です。
山の朝は気持ちイイ(^_−)−☆

朝日を受けて山も黄金色に染まりました。

6時ジャストにテン場を出発。
ひとまず第一休憩ポイントの“天狗平小屋”を目指します。
今日は雲一つない快晴で景色が最高☆

3時間ほどで主稜線に上がり、稜線伝いに進むと天狗平小屋があります。

今期の営業はすでに終了していましたが雪渓から引いた水場は使うことができました。

冷たくとても美味しかった~( ´ ▽ ` )

天候は最高のコンディションで素晴らしい眺望~♪
左端に遠く富士山、右端には槍ヶ岳を望みながらトレイルを歩きます。

右を向けば劔岳も!!!!

なんて贅沢なトレイルなんだ(*^^*)

しかし気持ちのいい稜線歩きもここからは一変します。

“天狗の大下り”という高低差300mの急斜面を下ります。
高さ20mほどの鎖場から始まり、なかなか緊張感のある下りが30分以上続き、体力と共に精神的にも消耗します。
安全最優先で写真は割愛しました。
下りきって振り返る天狗の大下りがこちら↓

しかしこれはほんの序章に過ぎません。
ここから先は後立山連峰最難度の難所“不帰ノ嶮”が始まります。

ギザギザしたラインを20kgのバックパック背負って登りますp(^_^)q

靴ヒモの締め直し、ザックの微調整とともに気も引き締めます。

しかーし、ここで大トラブル発生!!!!
ソロの先行者が高さ8mの岩場から滑落(*_*)
運良く骨折はなかったもののヘルメットを被っていなかったこともあり頭部から大出血。
至急レスキューキットを出し応急救護実施。
縫えば20針以上と目測できる酷い裂傷。
手術用手袋、ガーゼを使い直接圧迫し止血しました。
三角巾でガーゼを固定し意識レベルの再確認、上肢下肢の反応チェック。
話し合いの結果レスキューは呼ばず自力で下山とのこと。
謝礼金として5000円渡されそうになりましたが丁重にお断りし
「下山したらあと少し足してヘルメット買ってください」と言いました(^_^)
そして技術、装備ともに不足していたので厳重に注意させていただきました。
滑落現場はこちら↓

中央上端部から滑落して骨折しなかったのは「運が良かった」だけ。
命落とさなくてよかった。

レスキューで想定外の時間を取られ、ここからは大急ぎで進まないと下りのリフトに間に合わない(^^;;
「急いでいたこと」+「命最優先」のため写真はあまり撮れませんでしたが不帰の核心部である


この2つの峰は緊張感MAX(^^)
今回は冬の下見のための入山でしたが谷筋のラインなど確認でき大収穫でした☆


シュートが長いのでスラフの処理が重要ですね。

不帰を突破したあとは唐松岳から下るのみで危険箇所もないので飛ばしに飛ばしコースタイムを半分以上短縮しリフト乗り場まで小1時間で下山o(^_-)O
すんごい疲れました。。。

八方池は夕刻も綺麗ですね♪
振り返ると先ほどまで命をかけて歩いていた稜線がハッキリと見えました。

一番奥の高低差の激しいラインがそうですねd(^_^o)
天狗の大下りの下りっぷりが凄いっ☆

なんとか下りリフトにも間に合い無事に縦走を終えることができました☆彡

リフトでの下山は楽チンで病み付きになりそうですが、バックパックの重量超過で追加料金取られました(>_<)
15㎏以上の荷物の場合に掛かるようです。


飲み水が完全にカラになっていたので20㎏切ってますね(^_^)

不帰ノ嶮縦走~1日目~

八方尾根バックカントリーの下見も兼ねて白馬鑓温泉~不帰ノ嶮~唐松岳と縦走してきましたp(^_^)q
八方尾根はその名前の通り四方八方に尾根が伸びるので沢筋も沢山ありバックカントリーコースが豊富にあります。
その中に気になるラインがあるのですが山岳スキーでは有名な険しいラインなので夏のうちに下見をしておこう、と今回の山行です。
1日目は宿泊予定地の白馬鑓温泉を目指しライトトレッキング♪
登山口のある猿倉までは八方バスターミナルからバスでアクセス。

30分ばかしで猿倉荘に到着。

こちらで登山届けを提出しイザ出発(^-^)/

天気も良く色付き始めの草木を眺めながら気持ちよく歩けました。


途中雪渓の横断箇所がありますが、やはり雪を見るとテンションが上がります(*^^*)
私のアウトドアはスノーボードきっかけで始まりましたからね(^_-)


雪渓周辺にてミヤマキンポウゲの大大大群生発見(((o(*゚▽゚*)o)))


森を抜けしばらく荒涼とした登山道歩きだったこともあり、その美しさには癒されました( ´ ▽ ` )
猿倉から3時間半ほどで標高2,100mの天空温泉“白馬鑓温泉”に到着。

ちなみに横にみえる滝のような流れは全て温泉です(笑)
適温だったので顔を洗ったりするのに便利でした。
9月で営業を終える山荘も多いことから登山者も多くテン場は満張り状態(^_^)

平らな所は残ってませんね。
到着した時は2張り分くらいしか空きスペースがなかったので間に合ってよかった(^^)v
テントでごろごろした後はブランディ(朝食+昼食+夕食)を食べ温泉へ~♪

泉質、泉温、景色すべて5つ星☆で最高の温泉でした(´∀`)
ここで温泉に入りながら日の出を眺めたら幸せだろうなぁ。
2時間ばかしゆっくり入浴し疲れを流し切り、明日通過する難所“不帰(かえらず)”に備え17時には就寝(z_z)
山の夜は早いっ(笑)

高ソメキャンピング

長野と岐阜の県境近くにあるお気に入りのキャンプ場「高ソメキャンプ場」で2泊3日のキャンプしてきました(^^)

爽やかな秋の晴天の下、白樺林に囲まれ絶好のキャンプ日和♪


今回は大阪よりお越しいただいたキャンプ仲間“たっくんパパ”とご一緒です(^^)

我が家は1ヶ月振りのキャンプでウキウキ♪

カムイも喜んでました☆

キャンプの時の笑顔はいつにも増して輝いてます☆彡
初日は昼からダラダラと呑みながらまったりと過ごし早めに就寝~(e_e)

2日目は5時に起床(^-^)/
支度も早々に済ませ上高地の玄関口“沢渡”へ向かいます。

沢渡からはタクシーで上高地へ♪
大正池はタクシーからパシャリ~

今年4回目の河童橋(笑)

このあと清水橋~小梨平キャンプ場周辺を散策。
上高地はいつ訪れても景色、空気が素晴らしい☆
思わずため息が漏れます。


たっくんパパも思わず
「まるで絵みたい」
とおっしゃていました(*^^*)

確かに現実離れした美しさです。

冷え込んだこともあり体も凍えきっていたので河童橋近くの食堂で穂高連峰を眺めながら朝食♪

時間の経過とともに朝日が高度を上げ山の陰影が刻一刻と変化していきます。
変わりゆく山の表情を眺めながらの朝食は至福の一時でした。
豚汁が美味しかった~( ´▽`)

約2時間の上高地散策を終え高ソメキャンプ場に帰る前に白骨温泉で立ち寄り湯~♪( ´θ`)ノ
白骨温泉は前から行ってみたかった温泉の一つなのでウキウキワクワク☆彡
大きな露天風呂は開放感たっぷりで気持ちよかったです。
が、泉温がとても低く長湯できずでした。。。
そして写真も撮らず(¬_¬)
行ってみた結果、個人的には有料トンネル使ってでも平湯の方がオススメかな(^.^)

キャンプ場に戻ってから昼食に“野沢菜のペペロンチーノ”を振る舞い汗だくに(^^;;
せっかく温泉入ったのに。。。

辛さから来る汗もありましたが、それよりも鍋振りが体をhotにしてくれます(*_*)
ご存知でしょうか⁇ペペロンチーノはオリーブオイルと茹で汁をしっかり混ぜることが肝なのですd(^_^o)
しっかり混ざると白濁し粘度が増してドロっとなり、これを“乳化”と言います。
乳化すると油っぽさが抑えられ味わいがグッと増すのです(^o^)/
…しかしキャンプ用バーナーでは土台の安定感が足らず乳化に一苦労(汗)
夜はたっくんパパ持参の絶品おでんをいただきました(^_^)v

飲むお酒はこちらです☆

とても美味しく最高の夕飯でニンマリでした♪
カムイも遊んでいただき、もとい、パンをいただき大興奮(笑)


なんでか分からないけどカムイはパンが大好物(^o^)/

最終日、撤収後に私が足繁く通う定食屋“須砂渡食堂”にご招待し高ソメキャンプの締めくくりです(o^^o)

名物の鶏もつ焼きや信州サーモンなどいただきました~(^_−)−☆


たっくんパパとは毎年キャンプをご一緒させていただいてますが今年も楽しい時間を過ごすことができました( ´ ▽ ` )
私が岐阜から越してからというもの毎回遠路はるばるお越しいただき本当に感謝です(≧∇≦)
来年はどこに行こうかな~☆彡

古の道を辿って


かつて上高地へのメインアクセスルートとして使われていた徳本峠越えで上高地トレッキングしてきました(^^)目的地は徳沢園キャンプ場。
ちなみに「徳本」と書いて「とくごう」と読みますd(^_^o)
明治時代に日本各地の名峰に登りその素晴らしさを著書『日本アルプスの登山と探検』で世界に広めたイギリス人宣教師ウォルター・ウェストンも通った古のルートです。


行程の半分以上が渓流沿いの登山道歩きとなります。
何度も何度も足を止め
「あ~、竿持ってこればよかった。。。」
と悔いたものです(T_T)
釣り人泣かせのルートですね(笑)
初日の総歩行距離は30kmを超えるので長丁場となりますが、史跡として昔使われていた“炭焼きがま”等も見ることができ飽きが全く来ない素晴らしきルート☆


道標が何箇所も設置されていて目安になり助かりますが


「あと何キロなんだっ」
とツッコミたくなる道標も(笑)
独り歩きの時はこういった些細な事もやけに面白く感じます(^_^)
お昼休憩は岩魚止小屋という不定期営業の山小屋(?)前で

コンビニサンドイッチ~♪

川のせせらぎを聞きながら美味しくいただきました(o^^o)
この山小屋の笑いポイントは何と言っても
「えっまだ営業に使えるの?」
っていうあまりに古い佇まいと

絶対に水の出ない蛇口でした(*^^*)
もちろん一応ひねってみましたよ(^_^)v
この先は橋も華奢になり

登山道も荒れがちでしたが冒険感満載で楽しかったです☆
徳本峠の頂上には山小屋がありその手前は急登が続きますがここで恵みの雨に降られました。

森は靄に包まれ木々のいい香りが立ち込めます。
降雨によってレインウェアを着なければなりませんが気温がググっと下がったので涼しく快適~♪
徳本峠を登り切り

今度は反対側を明神方面へ下ってまいります。
せっかく登った分をグングン下ります(笑)
途中の道標を見ると

ずいぶんと歩いたなぁ~と客観的に感じました。
日常生活でこんなに歩くことなんてありませんもんね(^.^)
明神~徳沢間は綺麗な水辺の景色を楽しむことができ最高です☆


出発から8時間半で目的地の徳沢園キャンプ場に到着。
早々に受付を済ませテント設営。

そして徳沢園の代名詞と言っても過言ではない(⁇)ソフトクリームをいただきました。

徳沢園のレストハウスは雰囲気抜群☆


お風呂はお隣の山小屋“徳沢ロッジ”で入ることができます。

完璧すぎる素晴らしきルート(*^^*)
夕飯をテントで食べ

18時前には就寝~(z_z)

翌日は往路を戻る予定でしたが徳本峠への登り返し段階で前日チョロ沢だったところが

こんな感じで暴れていました∑(゚Д゚)
ルート上には何度か川を歩いて渡る箇所がありますが下山タイムと予想積算降雨量から徒渉困難と判断せざるおえず、仕方なしに上高地バスターミナルからバス下山することに。
明神周辺を観光客に混じって観光し帰路に着きました。
安曇野でお気に入りの定食屋“須砂渡食堂”に立ち寄って今回の山旅終了~(^-^)/


もともと雨降り予定でしたが予想通り上高地は雨でも美しく、また徳本峠越えルートの素晴らしさに触れるgoodなトレッキングとなり大満足でした☆
毎年行きたいルートだなぁ( ´ ▽ ` )
そして日本にまだ“楽しみとしての登山”という概念がなかった時代に登山の楽しみを日本人に紹介したウォルター・ウェストン、リスペクトします(^o^)/
プロフィール

スギ

Author:スギ
Natural life with Dogへ
ようこそ♪
趣味が高じ東京から長野に
移住した夫婦と
北海道犬“カムイ”の送る
日々を綴ります。

◎カムイ 2008年10月25日生
父:宗龍旺 母:来夢 稚内武方荘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR