いよいよの…

昨年の4月に初発の若年性白内障と診断され、小諸の『長野どうぶつ眼科センター』に定期通院しているカムイ。

こちらは『さくら動物病院』に併設されています。
再生医療も行っている国内でも指折りの先進技術を持った動物病院。
都内から通院されている方も多くいらっしゃいます。

犬の白内障も人間のそれと同じ。
目の中でレンズの役割をしている水晶体が変質し白く濁る病気。
進行すると光は感じることができても視界を失います。
しかし本当に怖いのはここから…
痛みを伴うブドウ膜炎を発症し、さらに悪化すると緑内障となり激しい痛みとともに失明してしまいます。
手術を行い、白く濁った水晶体を粉砕しレンズを挿入すれば視界も元に戻り、ブドウ膜炎や緑内障になるリスクを低減できます。

毎日欠かすことなく目の確認をしていましたが、4月下旬に急に進行し右目が白くなりました(+_+)
5月の診察で先生と話し合い、どうしても手術したい意向を伝える。
しかし犬の白内障手術にはクリアしなければならない3点の課題があります。
①病院の協力
術後30分おきに点眼や眼圧のチェックなど付きっ切りの看護が必要
②犬の協力
看護師などが行う処置に大人しくしていられる必要
③飼い主の協力
手術が成功しても生涯点眼を続けなければいけない

うーん、②がキビシイかな…>_<…
北海道犬にしては攻撃性も低く大人しいカムイですが、誰でも触れるわけではなく、点眼なんて絶対ムリ。。。
そこで状況によっては私が病院へ泊り込み看護を行うことで決まりましたd(^_^o)
病院側も中型犬、しかも和犬への白内障オペは初めてで、眼内レンズ挿入術も一例目と、互いにチャレンジングな手術に。
こちらではレンズではなく生理食塩水??の注入で行っていたようです

いよいよ手術前日。
前日から瞳孔を開く目薬を点眼し手術に備えます。
瞳が開くから眩しくなるのかなぁ、と心配している私をよそにカムイ大喜び♪
3日間出張で留守にしていたこともあり傍にいるのが嬉しい様子(*^^*)

当日は8時に病院へ。
車から降りるなりとびきりの笑顔を振りまくカムイ♪

これから術前の最終検査として網膜電図検査(ERG検査)を行います。
強い光を網膜に当て反応をみることにより、手術を行って視力が回復するかどうか、指針となる検査といえます。
…結果が出るまでドキドキ最高潮((+_+))
運命の判定は………微妙(・.・;)
数値は反応あるがオペする右目と健康な左目で差があると示していた。
見えるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。。。
でもたとえ見えないとしても緑内障のリスクを可能な限り下げたいので予定通り手術をお願いすることに。
近くのファミレスで待機し連絡を待つことに。

病院を出てから2時間ほどで手術成功を告げる連絡が入り、ひとまず一安心。
しかしオペ後の5時間は特に予断を許さない時間帯らしいのでまだまだ気は抜けない。
即病院へ戻りカムイの看護。
麻酔から目覚めきっていないカムイは朦朧としながらも看護師を牽制している様子。
「こりゃ泊まり込み決定だな」と覚悟していると足元で尻尾を振っていて心を打たれました。
カワイイ奴め♡
P8210132.jpg
30分おき5時間きっちり点眼と眼圧測定を行い、経過良好とのことで異例の帰宅OK!!
これから1時間おきに同様の作業を行います。
寝ずの番となりますが愛するカムイのためなので全然OK☆
眼圧測定はペット専用の測定器を使用します。
P8220153 - コピー
嫌がりますが大事な検査なのでしっかり測定。
今回の経験ですっかり眼圧検査に慣れた私。
今後も定期的に測定は必要だし病院だと検査1回3,000円するのでいっそのこと買ってしまおうかと思い調べました!!
なんとこの機械は600,000円もするらしい(@_@;)
検査料3,000円も納得です。
4連休を取っていたのでカムイの看護に全力で集中p(・∩・)q
その甲斐もあってか順調に回復を続けております♪


リビングでのゴロゴロ遊びや

雑魚寝にもすっかり慣れました(笑)

そんなこんなで怒涛の10日間が過ぎ経とうとしています。
通常エリザベスカラーは2週間で外せるようですがカムイは1ヶ月着用することに…
大切なカムイのために、そして貴重な一例目をなんとしても成功させたいので、気を抜かずカムイと共に頑張って参りますp(^_^)q

そして、これまで白内障手術を諦めていた和犬、大型のワンちゃんや飼い主さんの希望の光になれれば幸いです☆彡

お仕事登山

お仕事で2泊3日の山行に行ってまいりました。
私は某通信会社に勤めております。
営業職なので普段は販売一次代理店や二次代理店への営業や折衝を担当しています。
今回は長野県内山岳エリアにおけるエリア調査ということで部をまたぎ声を掛けて頂き参加となりました。
メンバーは全員登山経験者で編成され、高難度登山経験者がリーダーを担当。
栄えあるリーダーを仰せつかり、3人パーティーで針ノ木小屋~種池山荘までの5峰を跨ぐ縦走に赴きました。
それぞれの標高は
針ノ木小屋→2,536m
針ノ木岳→2,820m
スバリ岳→2,752m
赤沢岳→2,677m
鳴沢岳→2,641m
岩小屋沢岳→2,630m
種池山荘→2,450m

出発地は大町の扇沢(1,420m)。
日本三大雪渓の針ノ木大雪渓を歩き、針ノ木小屋を目指します。
雪渓はガスを纏い幻想的な美しさで、登山家冥利に尽きるなぁ。

鯉のぼりやベンガラ(赤色の顔料)で進路案内はあるものの所々穴が空いており注意が必要でした。

鯉のぼりは風見鶏にもなってイイですね♪

こんな大穴に落ちることはないと思いますが、小穴やシュルンド(岩と雪渓の間にできた空間)、落石に注意しながら登りつめます。

途中、2地点で電波計測しながら6時間で宿泊地の針ノ木小屋に到着。

一瞬の雲の開きを狙って槍ヶ岳を望むことができ感無量☆

他の山ヤも歓喜の声を上げていました(^.^)
さすが槍ヶ岳は人気高し♪( ´θ`)ノ

2日目は針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳を踏み、新越乗越山荘を目指します。
IMG_0696.jpg
行動中はガスガスで眺望も悪く(目つきも悪く)、
IMG_0724.jpg
黙々と調査業務を行います。

↑本来これが主目的です(笑)
スバリ岳と赤沢岳の中間コルでランチを取っていると晴れ間が覗き、それまで全く見えていなかった黒部湖が(◎_◎)❗️

黒部湖からも元気をもらい、ガスで不明瞭だった登山道も見通しが利くようになり、ここからペースアップ☆

4峰をやっつけ宿泊地の山荘に到着。

Tシャツはショルダーハーネスと背中が当たっていた部分が汗でビショビショ(+_+)
お部屋は8畳間の個室に3人なので快適~☆

でも最盛期は…

ま、まじっすか(大汗)

最終日は昼過ぎに下山/解散し各々が拠点に帰らなければいけないのでサクサク歩き(笑)
IMG_0964.jpg
6:00に山荘を出発し岩小屋沢岳~種池山荘と繋ぎ小休止。

歩いてきた山並みを眺めるのは最高に気持ちがいい!(^^)!

左に見える一筋の雪渓からなので、のんびり山行でしたがよく歩きました(o^^o)
ここからは柏原新道を通り2時間半掛けて高低差1,100mを一気に下ります。
IMG_1041.jpg
良く整備され大段もないので歩きやすいルートですが正直ここが一番しんどかったなぁ。。。
いつか紅葉の時に登りで歩いてみたいな(*^^*)

帰りは大町でオススメのレストランと温泉を案内し夕方帰社。
docomo、au、SoftBankの端末を使用し電波状況を調査し実感しましたが、やはり山ではダントツでdocomoですね♪
町で繋がるのは当たり前です。
アウトドア派の方はぜひdocomoへ♪なんて宣伝しちゃったりして(^_-)

次回は9月末に上高地~涸沢で調査予定(^_^)v
営業部からネットワーク部に配置転換ないかなぁ(¬_¬)
プロフィール

スギ

Author:スギ
Natural life with Dogへ
ようこそ♪
趣味が高じ東京から長野に
移住した夫婦と
北海道犬“カムイ”の送る
日々を綴ります。

◎カムイ 2008年10月25日生
父:宗龍旺 母:来夢 稚内武方荘

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR